レッドゾーン

アウトバーンでは5速でもタコメーターの針はレッドゾーンに入る。メーターは255km/hを指した。LSD(リミテッドスリップデフ)がこのM3には装着されている。これによってトラクションが強くなり、コーナリング時に加速すると、タイヤの横方向のグリップがこの縦方向の強い加速力に取られてしまいドリフトし始めるということ。BMW最強のエンジンを搭載したスボーツセダン。紳士協定によるスピードリミッターさえなければ250川/hオーバーも可能なほどのパワフルぶり。しかし、残念なことに日本には輸入されていない。いわば,幻のクルマ。ターゲットは250肌州付近。そのため、一般のワイ碁アィングではアンダーステアが顔を出す。残念ながら、日本のカタログには載っていないのだが、1-5シリーズをベースにしたM5は実在する。これ、5シリーズ、いやBMW最強のスポーッモデルかも知れない。ぼくはこのクルマにヨーロッパで試乗することができた。それはもちlは、5シリーズ、いやBMW最強のスポーツモデルかもマにヨーロッパで試乗することができた。それはもちろん、ヨーロッパ仕様のものではあるが、ご参考までにこのクルマのドライピングテクニックもご紹介しておこう。このM5に搭載されているエンジンは、基本的にはM6のものと同じだが、ストロークが2m伸ばされ、最高出力が315馬力にまでアップされている。200km/h以上のハンドリングを重視しているため、訓受道路の速度域ではアンダーステアカ強めだ。車売ったらいくらになるかな?知りたい人はこちらへ→びっくり価格が飛び出すかもしれません。

DY031_L